ペットのためのベータグルカン
ARCHIVES
CM
LINKS
Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!

ペット専用ベータグルカンの理由

ペットためのベータグルカン ペット(犬,猫)だからペット用(犬用,猫用)を使わなければならない理由は、少なくともベータグルカン(βグルカン)健康食品・サプリメントでは存在しません。むしろ、犬、猫のペットにはペット用、ペット専用ではなく、人間用の高い品質の製品を量を加減しながら与えることが最善策なのです。

ペット専用と称しているベータグルカン製品の多くは、カ広告費やカラー印刷などパッケージに多くの経費を投入しており、品質が低いにもかかわらず"ペット専用"を付加価値として品質以上に高額で販売されています。可愛らしいペットの写真パッケージが派手なだけで、内容成分が解らない、酷い場合には具体的な数値が非表示の残念な製品まであるようです。

ペットにとってもベータグルカンの必要性は人間と同様で、むしろペットに与えるベータグルカンの品質の方が、人間用の品質よりも純度が高く高効率な製品を必要としているのです。

それは、ペットの猫(ネコ),犬(イヌ)にベータグルカンを高い効率で食べて貰うことが難しいからです。

人間相手なら、「食間に水だけで」という最高効率化を実践してもらうこと簡単です。しかし、ペットが相手では水に混ぜて飲んでくれれば上出来、多くのペットは好物に混ぜてこっそり混ぜることで、少量づつを摂取してもらうのが実際でしょう。最高効率で与えらないと低品質=低効率のベータグルカン製品では機能性は殆ど全てが消失してしまいます。しかし、高品質・高効率の高純度ベータグルカンならば効率を落とされても、ベータグルカンの含有量が多いために、まだ機能性が保てる期待を絆ぐことができます。

ペット用,ペット専用のベータグルカン製品の多くはベータグルカンの純度が非常に低く、つまりは低含有率・低効率のベータグルカン健康食品です。含有量が少なく、効率の悪いベータグルカンから望む結果を得るには、非常に低い確率の幸運が必要となってしまいます。

ワガママでも可愛いペットにベータグルカンを食べてもらうために、混ぜ物で効率を落してでも、機能性が残せるのは人間用の高純度のベータグルカン健康食品なのです。

人間用のベータグルカン(βグルカン)では、中でも最高効率のベータグルカンならば、60~85%以上の高い純度にベータグルカンが精製されています。ここまで高純度のベータグルカンならば、水に溶かして飲ませる場合でも、少量だけでベータグルカンを効率良く摂取できます。「グルカン水」が駄目で、好物の食品に混ぜて効率を落としてしまった場合でも、高純度=高含有量の製品ならば機能性の低下に留まる期待が残せます。

ペットだからこそ、高純度=高含有率のベータグルカンが必要不可欠なのです。


索引

ペットためのベータグルカン

Copyright © ORTUS corporation all rights reserved.