ペットのためのベータグルカン
ARCHIVES
CM
LINKS
Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!

ペットに選ぶべきベータグルカン

ペットためのベータグルカン ペットの愛猫、愛犬にベータグルカン(βグルカン)を与えることは、調子を崩したペットに飼い主がしてあげられる最善です。しかし、それが効率の悪いベータグルカン健康食品では、逆に負担となる危険性を憶えておいた方がよいでしょう。

ベータグルカンの機能性と重要性、その高い可能性を理解してもらい、性質に配慮した効率的なベータグルカン摂取を実践することは、人間が相手でも少々根気の必要な説得です。ペットにはベータグルカンの重要性が解るはずもなく、飼い主が犬や猫の分まで、自分の場合以上に配慮してやる必要があります。

ベータグルカンの性質を考え、最高効率でのベータグルカン摂取を心掛けることは重要です。しかし、肝心のペットの犬や猫にそっぽを向かれたのでは困ってしまいます。現実的な対応としては、ペットに与えるベータグルカンは、効率よりも、量を食べて貰うことに注力せねばならないでしょう。

ベータグルカンをペットに与える難易度は、高純度品でも低純度品でも、その難易度の高さは変わらず難しいのです。

すると、実際には、犬や猫が好きな食品や飲み物に混ぜて食べさせるのが現実的な対応となります。通常の食品からは摂取できないベータグルカンは、効率を落としてでもペットに食べてもらえれば意義のある食品なのです。

不本意にも食品に混ぜての摂取となってしまった場合にも、ベータグルカンの純度が高いことは有利に働きます。食品に混ぜてのベータグルカン摂取に低純度のベータグルカンを用いるとベータグルカンの機能性は壊滅してしまうでしょう。しかし、高純度ベータグルカンであれば、食品に混ぜることで効率は悪くなるものの、純度の高い大量のベータグルカンが残存されることで、機能性発揮の余地が残されるのです。

摂取の効率化が追求できず、それでもベータグルカンの摂取を必要とするペットにこそ、効率が落ちてしまってもまだ機能性が残せる高純度ベータグルカンが必要なのです。

高純度ベータグルカンは、今や市販品でも60~85%を超える高純度品が流通しています。人間用ベータグルカンで最高効率のベータグルカン摂取の重要性が理解され利用が一気に広まっているように、ペットにも高純度のベータグルカンの利用が広まることは間違いないでしょう。

今日のところ、市販品として購入できる最高純度のベータグルカンは、85%程度のベータグルカン製品です。これらは、イースト菌=パン酵母から抽出精製された健康食品・サプリメントとして販売されています。

人間以上に高純度のベータグルカンが必要なペットには、パン酵母抽出のベータグルカンが最適でしょう。


索引

ペットためのベータグルカン

Copyright © ORTUS corporation all rights reserved.