ペットのためのベータグルカン
ARCHIVES
CM
LINKS
Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!

ペットへのベータグルカンの与え方

ペットためのベータグルカン 健康のためとはいえペット(犬,猫etc)にベータグルカン(βグルカン)を食べさせるのは簡単ではないです。

体に良いからと説得できるわけもなく、良い品物だからと説明しても聞いてくれるはずもないでしょう。

ベータグルカンを犬や猫に食べて貰うためには、彼ら、彼女達の機嫌を保ちつつ、なんとか食べてもらうしかありません。

ベータグルカンを最高の効率で摂取するには「食間に水だけ」で摂取することでが、ワンちゃんやネコちゃんには効率よりも、少量でも食べて貰うことを最優先に考えねばなりません。最高効率に拘って全く食べて貰えないよりも、効率が悪くなっても少量ずつでも食べて貰う方法で対処する必要があります。

ペットにベータグルカンを与える際のお薦めの方法は、下記の2つです。

1) 先にベータグルカンをコップ等の中で水に溶き、スポイトで口に含ませて食べさせる方法です。高純度のベータグルカンなら苦味は無いのでそのまま飲めます。弱っているペットには、この方法が最も効率良く、ベータグルカンを摂取させることができます。「食間に水だけ」という大原則で最大効率化が望めることも利点です。

2) 普段飲んでいる水へ、ペット(犬,猫)が気が付かない程度にベータグルカンを溶かし込む方法です。非常に薄いベータグルカン水溶液になってしまいますが、高純度ベータグルカンを用いれば少量を溶かすだけでも、ベータグルカンの効率が高いので、結果を得られる可能性は高まります。

上記の2つの方法でもベータグルカンを食べてくれない場合には、次善の策として好きな食べ物に気付かれない程度の少量を混ぜることになります。混ぜる食べ物が選べるならば、なるべくタンパク質や脂質の少ない食品にベータグルカンを混ぜた方が、効率低下が抑えられるのでご留意下さい。

なお、小さなカプセル(3, 4号サイズ)に詰め替えることで、ベータグルカンをすんなり飲んでくれるペット(犬,猫)も少なからずいるようです。飼い主さんの技量とペットとのコンビネーションが必要のようですが、ベータグルカンの最高効率での摂取が望めるので、試す価値は高いでしょう。


索引

ペットためのベータグルカン

Copyright © ORTUS corporation all rights reserved.