ペットのためのベータグルカン
ARCHIVES
CM
LINKS
Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!

ペットへのベータグルカンの適正量

ペットためのベータグルカン 普通の食品と同様にベータグルカン(βグルカン)にも食べ過ぎはあります。

ベータグルカン摂取の適切な量は、人間と同様に、犬にも猫にも個々の体質、体調によって大きく異なります。要は、「食べ過ぎ」に注意しながら、増量することが大切です。

一般食品と同じように、ベータグルカンも食べ過ぎると満腹感や、胃もたれを感じることがあるようです。注意しなければいけないのは、高効率の高純度ベータグルカンは見た目が少量でも大量の食物繊維を含んでいることです。つまり、見た目は少量でも、満腹感や胃もたれを引き起こしやすい大量の食物繊維食品だということです。

人間の場合と同じ様に、犬でも猫でもベータグルカンを食すると便秘が緩和されるはずです。これは、食物繊維としてのベータグルカンによる機能性の一部です。

ベータグルカンを食べ過ぎと判断する目安は、「便秘の緩和」を通り越して、便が緩くなり過ぎる状況です。ベータグルカンの摂取量を増やした際に、便が緩くなり過ぎるようなら、少し量を減らすことが必要です。

『何事も過ぎたるは及ばざるが如し』、ベータグルカンも過剰摂取は推奨されるべきではありません。個々人、個々のワンちゃん、ネコちゃんに最適な量は、少しづつ量を増やして調整してあげることで、見つかることでしょう。

なお、低純度ベータグルカンでも、高純度ベータグルカンでも、食べ過ぎた場合の不具合は同様です。しかし、低純度ベータグルカンの方が大量摂取が不可避と考えると、食べ過ぎのリスクが懸念されます。一人の人間やペット1匹の個体が食べられる量は案外と少ないため、高純度ベータグルカンで高効率に摂取することの重要性が改めて意識されます。


索引

ペットためのベータグルカン

Copyright © ORTUS corporation all rights reserved.