ペットのためのベータグルカン
ARCHIVES
CM
LINKS
Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!

ベータグルカンの副作用リスク

ペットためのベータグルカン 機能性成分ベータグルカン(βグルカン)には副作用の心配は不要です。 人間だけでなく、犬や猫に与える場合にも同様にベータグルカンによる副作用は皆無です。

キノコ原料のベータグルカンでは度々の副作用の問題が発生するのですが、その原因はベータグルカン以外の不純物が原因であり、純粋な成分としてのベータグルカンには副作用が無いことが証明されています。

ハナビラタケや、冬虫夏草などのキノコを原料とした健康食品やサプリメントに含まれているベータグルカンは、多くても半分(50%)以下です。言い換えると製品の半分近くが不純物で構成されています。その不純物の多くが栽培土壌等から吸収された成分であり、副作用の元凶はこれらの不純物に重金属等が含まれている場合に顕著なのです。

重金属等の栽培土壌を避けるのは当然ですが、つまりは、ベータグルカンの健康食品は、ベータグルカンの含有率が高い程に不純物が少ないため、副作用のリスクも最小化できるのです。

キノコ健康食品の代表格とも言えるハナビラタケやマイタケ、冬虫夏草等のベータグルカン含有率は20~40%程度です。残る40~80%は不純物であり、そこに何が含まれているのかは不詳であることは、リスクだと考えるのが妥当でしょう。

犬や猫に健康食品を与える場合には、副作用の不具合を把握することは困難なため、人間以上に事前から慎重に対処する必要があります。可能な限り副作用のリスクの無い=不純物の少ない、高純度のベータグルカン製品を選ぶことがペットに対してベータグルカン食品を与える際にリスクを最小化できる最善です。

現代において、純度が高く精製されたベータグルカン製品の代表格はパン酵母から抽出した健康食品・サプリメントであることは間違いないでしょう。そのベータグルカン純度は60~85%にまで高められているため、旧来のキノコ製品の数倍の純度です。これほどに高純度であれば、人間にも、犬や猫にも、不純物による副作用のリスクは払拭されていると言えるでしょう。

高純度化が進んだ「パン酵母抽出のベータグルカン」は、人間に対して米国の食品薬品局(FDA)が「一般の商品と同じ」と登録しているほどの安全性が確保されています。

ワンちゃん、ネコちゃんの副作用のリスクを避けて、効率的にベータグルカンを与えるなら、人間用の高品質なパン酵母抽出の高純度ベータグルカンが安心かつ最適なのです。


索引

ペットためのベータグルカン

Copyright © ORTUS corporation all rights reserved.