ペットのためのベータグルカン
ARCHIVES
CM
LINKS
Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!

ベータグルカン食品の違い

ペットためのベータグルカン 現代科学の進化によって、ベータグルカン(βグルカン)という機能性成分が発見されるのと並行して、旧来のキノコ類よりも酵母菌の体内の方にベータグルカンが豊富に存在することが明らかになっています。しかし、酵母をそのままを食べても酵母の体内に含まれているベータグルカンは機能性を発揮することなく体内を素通りするだけです。ベータグルカンを小腸でマクロファージに吸収させるためには、酵母菌の体内からベータグルカンを抽出精製する技術が不可欠なのでした。

酵母の細胞壁からのベータグルカン抽出技術は1940年代に米国で初めて開発され、その後1980年代後半に飛躍的に進化しました。そのために酵母からベータグルカンを抽出したサプリメントが米国で大流行したのです。それまでに存在した全てのキノコ サプリメント(マイタケ、アガリクスetc)よりも数倍以上の効率でベータグルカンを摂取できるようになったのですから当然の傾向です。

2000年代に入ってからは、キノコサプリではベータグルカン摂取がとても非効率であることが周知され、酵母抽出のベータグルカンが主流となっています。

ベータグルカンを効率良く摂取することは、人間と同様にペットにも重要です。むしろ、効率的な摂取が難しいペットにこそ、効率が高い不純物の少ないベータグルカンを少量づつ与えることが重要だと言えるでしょう。

ペットの猫(ネコ)に最適な高純度なベータグルカンは、パン酵母から抽出したサプリメントが最高のベータグルカン純度を実現しています。そのベータグルカン純度はキノコに数十倍の85%以上と高く、極めて良好な効率性が実現されているのです。

ベータグルカンは人間でも通常の食事では殆ど摂取できない栄養素となりました。ベータグルカンは発酵食品の源泉である酵母菌の中に含まれているため、一昔前ならば、発酵食品を食べる機会が多かったため、微少量でも毎日少しづつのベータグルカンを無意識の内に食べていたのです。しかし、現代の食生活では、かなり強く意識しなければ発酵食品を食する機会は激減しています。それは、ペットに関しても同様で、ドッグフード、キャットフードには高級品、格安品を問わず、残念なほどにベータグルカンは含まれていないのです。

ベータグルカンの重要性を考えると、人間もペットの犬や猫も、健康食品やサプリメントでの確実な摂取を心がける必要があります。


索引

ペットためのベータグルカン

Copyright © ORTUS corporation all rights reserved.