ペットのためのベータグルカン
ARCHIVES
CM
LINKS
Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!

キノコのベータグルカンの効率性

ペットためのベータグルカン ベータグルカン(βグルカン)という成分は、広く知られたキノコ以外にも、酵母の中にも含まれています。

昔はキノコを食べるだけがベータグルカンを摂取する唯一の方法でした。民話に多く登場する「奇跡のキノコ」は、全てが作り話でもなく、ベータグルカンが多く含まれたキノコが活用された例の一端であると解釈することもできます。キノコに救われるたのは、人間だけでなく犬や猫も同様にキノコの恩恵に授かったことでしょう。

しかし、現代では、「奇跡のキノコ」の秘密が解明され、ベータグルカンという成分の機能性が明らかになりました。そのためベータグルカンが多いキノコが昔でいうところの「奇跡のキノコ」として高値で流通しています。1990年代に社会現象にまで流行したアガリクス(姫マツタケ)から、近年に流行しているチャーガ、ハタケシメジやヤマブシタケ、メシマコブ、ハナビラタケなどの有象無象のキノコが大量に栽培され販売されてきました。特に昨今のハナビラタケの大量宣伝、大量販売は尋常ではない様相です。 漢方でも冬虫夏草が繰り返し取り上げられるのは、中に含まれているベータグルカンの機能性だと解明されています。

ベータグルカンという成分の量と質が最重要であると解って以降には、非効率かつ不経済なアガリクスやハナビラタケ、マイタケの製品は縮小傾向が鮮明です。 その一方で、ベータグルカンの効率性を最大化できる高純度ベータグルカンとしてパン酵母原料の製品が世界中で広まっている理由は明らかに高効率と低価格が原因です。キノコでは5%程度だった高価なベータグルカンが、今市販されているパン酵母から抽出されたベータグルカン製品ならば、85%以上の非常に高いベータグルカン純度が実現されているのです。キノコ健康食品の衰退とパン酵母ベータグルカンの隆盛は、製品の自然淘汰と言えるでしょう。


索引

ペットためのベータグルカン

Copyright © ORTUS corporation all rights reserved.