ペットのためのベータグルカン
ARCHIVES
CM
LINKS
Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!

ペットとベータグルカンの機能性

ペットためのベータグルカン ペットの猫(ネコ),犬(イヌ)に対してもベータグルカン(βグルカン)の機能性は、人間と同様に期待されます。猫でも犬でも、ハムスターから鳥まで、いわゆる雑食系の動物にはベータグルカンの機能性が期待できます。(草食動物は除く)

老いると必然的に衰える免疫力や、病気の増加に対する予防や治療補助として、最も長い歴史、最も高い実績があるのがベータグルカン(βグルカン)という成分です。人間に対するのと同様にペット(犬、猫)にも、最も高い可能性が期待できる機能性成分であることは間違いありません。

東洋だけでなく西洋でも多くの昔話に不思議なキノコ、奇跡のきのこが頻繁に登場するのは、きのこに含まれているベータグルカンの恩恵です。

愛猫のための健康食品やサプリメントの利用を考えるなら、最も実績が多いのはベータグルカンを含む各種製品となります。ほんの数十年前まではキノコをたべるだけが、ベータグルカンという成分を吸収する手段でした。しかし、現代では酵母から抽出することで非常に純度高く精製された製品が市販されています。純度が高いことでベータグルカンの吸収効率も飛躍的に高まっているのです。

最高の品質のベータグルカンは、イースト菌=パン酵母から抽出される製品が今のところ最高の品質を実現されています。市販品の中では85%以上の高純度にまで精製されているベータグルカン製品は、パン酵母由来のベータグルカン健康食品、サプリメントだけです。

ベータグルカンの吸収には、ベータグルカンの純度と品質が最も重要な要素です。それは人間だけでなくペットにとおても同様で、むしろペットの方が摂取方法が限定されことを考慮すると、より質の高いベータグルカンが必要なのです。

愛猫のためのペット用ベータグルカンこそ高純度品が必須だとも考えられます。


索引

ペットためのベータグルカン

Copyright © ORTUS corporation all rights reserved.